こんにちは!開発部の小宅です。

 

9月も下旬になって、すっかり夏は終わり、秋がやってきますね!

 

9月は台風が多くて各地の被害をニュースで見る度に心が痛みました。。。

被害に合われた地域やそこに住む方々の1日でも早い復興をお祈り致します。

 

 

さて、冒頭で夏も終わりですねというお話をしたと思いますが、皆様は夏の思い出たくさん作れましたか?

 

海にプールにお祭りに花火大会・・・

たくさん遊んだ方もいれば、今年の夏は特に暑かったからあまり外に出ていないという方もいると思います。

 

そこで、夏の思い出があまりできなかったという方にまだ間に合う『夏らしいこと』をご紹介します!

 

それが『花火大会』です!

 

 

茨城県にお住まいの方はほとんどの方がご存知だと思いますが、

土浦市で毎年開催される『土浦全国花火競技大会』について書いていこうと思います!

 

 

花火大会といえばやはり夏のイメージが強く全国で開催される有名なものも7月~9月が多いと思います。

 

茨城県でも、ひたちなか市の『阿字ヶ浦河岸花火大会』や水戸市の『水戸黄門まつり花火大会』などほとんどが7月~8月に開催されていますね!

 

写真は『水戸黄門まつり花火大会』の様子です。

(茨城県公式観光情報サイト「観光いばらき」さんよりお借りしました)

 

 

このように有名な花火大会が7月から9月に開催されるなか、土浦市の花火大会は毎年10月に開催されているんです!

 

 

この『土浦全国花火競技大会』ですが、今年でなんと87回目になる伝統ある花火競技会だそうです。

 

秋田県の大曲・新潟県の長岡と並び『日本三大花火大会』のひとつに数えられる全国的にも有名な競技会で、毎年全国各地からおよそ70万人もの見物客が集まるそうです。

 

「競技大会」というだけあって、全国から一流花火職人の方々が腕を競いに集まるので、芸術的な花火を楽しめます。

なんとこの競技会では最も優秀な花火師の方には内閣総理大臣賞が与えられるので、全国の花火師の方々の目標ともなっているそうです!

花火師の方々の力作が見られるということですね!

 

自分の地元である茨城県でこんな有名な花火大会があるなんて誇らしい気分です♪

この花火競技会の見所は花火師の方々の作品だけではなく、まだまだたくさんあるんです!

 

競技とは別枠で大会側が提供する「土浦花火づくし」も大迫力で見所の一つとなっているそうです!

 

残念ながら、写真はありませんが茨城県の公式観光情報サイトの「観光いばらき」さんには説明と共に素敵なお写真が掲載されていますので、是非ご覧になってください!

 

 

さらに、「花火弁当」という定番のお弁当もあるみたいなので、花火弁当を食べながら花火を見るのも楽しそうですね!

私は食べたことがないので、味の感想はお伝えできませんが、是非食べてみたいと思います!

 

 

簡単ではありますが、「土浦全国花火競技大会」について触れてきましたが、ここでは魅力はお伝えし切れません!

毎年行っている方も、まだ行ったことのない方も是非行ってみてください!

 

 

■『全国土浦花火競技大会』

 

日時:平成30年10月6日(日) 18:00~

場所:茨城県土浦市桜川畔

 

 

 

 

守谷市・つくばみらい市・取手市で新築一戸建てを探すなら茨城グランディハウス守谷支店

守谷市・つくばみらい市・取手市にて快適・安心に暮らせる物件をご案内いたします

 詳しくは茨城グランディハウスのホームページをご覧ください→コチラ